御朱印巡り(岐阜県)

毎月絵柄の変わる金の御朱印と健康祈願のお灸が人気の「岩戸弘法弘峰寺」

岩戸弘法弘峰寺の御朱印

こんにちは、ゴローです。

本日の記事では、岐阜県岐阜市にある「岩戸弘法弘峰寺」について紹介していきます。

こちらのお寺は、日本最大級の岩窟本堂を有しており、さらに、頭の上にあるツボを刺激する「弘法灸」という身体健全祈祷を体験することができます。

また、毎月最終金曜日のプレミアムフライデー限定でいただくことのできる金の御朱印が人気で、毎月絵柄の変わる御朱印も併せていただくことができるお寺です。

 

岩戸弘法弘峰寺とは?

 

どういったお寺?

岩戸弘法弘峰寺の本堂

奥行き16m・高さ5mもある日本最大級の岩窟本堂が圧巻です(写真は本堂外側)。

本尊は、鎌倉時代に制作されたと言われている不動明王立像で、昭和50年9月9日に市指定重要文化財として認定されています。

 

身体健全祈祷の弘法灸とは?

弘法灸というのは、素焼きの焙烙(ほうろく)を頭に乗せて、その上からお灸をするといったものです。写真左側の人達が頭に乗せていますね。

なぜ頭に乗せるのかというと、頭頂部のほぼ真ん中に百会というツボがあり、自律神経を整えて心身を正常に導く効果があると言われているからです。

頭痛、肩こり、めまい、耳鳴りといった様々な症状に効きますので、全て当てはまる僕はもちろん体験させてもらいました(苦笑)

ただの身体健康祈願というよりは、理にもかなったモノになりますので、皆さんも是非体験してみてはいかがでしょうか。

 

境内の雰囲気は?

そんなに広い境内ではないですが、駐車場から本堂に行くまでの間には、金の御朱印めぐりの旗やお寺の旗が出ていて、テンションが上がります。

 

岩戸弘法と名乗っていますので、もちろん弘法大師像も境内にはありますよ。

ちなみに、弘法大師が入寂(にゅうじゃく)した3月21日にちなんで、毎月21日を縁日と定めているお寺が多いです。弘峰寺でも毎月21日を弘法日とし、先ほど紹介した弘法灸を行っているわけですね。

 

岩戸弘法弘峰寺へのアクセス・駐車場など

 

○住  所:岐阜県岐阜市長森岩戸944-99

○電  話:058-245-6621

○アクセス:岐阜バス「岩戸公園前」下車、徒歩10分

○駐車場 :有(境内の砂利道に数台)

○公式HP:https://kobuji.jp/

 

 

 

岩戸弘法弘峰寺でもらえる御朱印は?

納経所は本堂右手側にあります。室内なので雨の日でも大丈夫でした。

そして、金の御朱印仕掛け人である鬼マネこと佐藤さんと、岐阜のご当地タレントやながせゆっこさんに偶然出くわしました!(それにしてもすごいインパクトだ笑)

 

まずは「金の御朱印」です。

不動明王の姿になっている中央の金印がかっこいいですね。

こちらの志納金は300円で、直書きになります。

 

続いてこちらの御朱印は、毎月絵柄の変わる書置きの御朱印です(志納金300円)。

左上に書かれている花の絵柄が毎月変わるということで、毎月参拝に行かれる方も多いそうで、確かにコンプリートしたくなりますよね(笑)

ちなみに僕がもらった御朱印は、3月の花「レンギョウ」ということで、花言葉は「期待・希望・集中力」と教えていただきました。

知らない花でしたので調べてみたら、御朱印の通りキレイな黄色の花でした。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です