日常・雑談

【病気発症7周年記念】ありがとう福留孝介!2558日ぶりのナイトゲーム挑戦!初のバンテリンドームへ!

※本日の記事は、過去断トツの長文&写真枚数となっています。7周年記念&スーパー挑戦記念に、本氣出しました!笑

今の体調で、これだけの長文を書くのはかなり大変でしたので、2週間が経ちシーズンも終わってしまいましがご了承下さい?苦笑

 

こんにちは、ゴローです。

2022年9月22日、病気が発症してから7周年を迎えることが出来ました!

7年という年月を考えると、長いといえば長いのですが…、この1年間に関しては、どこまで下がっていくんだよ!?というホントにきつい1年でした。

そして、何度も何度も「死」を覚悟する瞬間があっただけに、7周年というこの日を無事に迎えられたことが例年より嬉しくもありました。

 

1年に1回くらいは、特大イベントに挑戦したい!という想いを持って取り組んできましたが、現在の体調では昨年の6周年に引き続き、今年も「行動」は出来ないかな…

※ちなみに昨年はこちらです

熊木杏里ライブ『ここにある今日 〜風船葛の願い〜』
【病気発症6周年記念】世界を救う奇跡の歌声!何度も僕を救ってくれる熊木杏里さん(あんりこ) こんにちは、ゴローです。 先月の9月22日をもちまして、病気が発症してから6周年を迎えることが出来ました! 丸6年か...

 

と思っていたのですが、直前にとんでもない「知らせ」が飛び込んできました!

福留孝介、引退!!

 

5年も前から宣言していた!

福留の引退試合だけは、必ず行くと!

そして、そこを目標にずっと頑張ってきた!昨シーズンにはドラゴンズに戻ってきてくれて、福留を観に行けるチャンスが現実的になった!と思った。

けど、昨年の7月から自分の体調がイッキに悪化してしまい、頼むから今だけは引退しないでくれ!もう1年だけチャンスをくれ!と思っていた。

 

そんな中飛び込んできた、今回の知らせ。

ベッドで横になっていれば大丈夫という状態でもなければ、カフェに行こうとしても5分で失神しそうな状態になってしまう今。そのきつさは自分が一番分かっている…。

今の自分の状態では絶対に無理!なはずなのに・・・迷いに迷った?けど・・・不思議と最初から覚悟は決まっていたような氣もします!

これ行かなかったら、一生後悔するぞ!!

死んでも行け!!

 

今の僕には、けっこう冗談にもならないんだけど、ホント、死なないまでも、倒れることぐらいは覚悟の上で行ってこい!

球団やドーム関係者に迷惑かけるわけにはいかない・・・って考えもあったけど、それ以上に福留の最後の勇姿を逃すことの方が怖かった!

 

ホントは、引退試合に「だけ」行くのだって本望ではないんだ!

福留孝介といったら、俺らの世代にとっては憧れのスーパースターなんですよ!!中学・高校・大学の、野球のことしか考えていなかった青春時代を象徴する選手なんです!!

 

そんな大好きというか、自分の野球人生を象徴する選手が、自分とこのチームに戻ってきてくれたのに、俺は生観戦することが出来なかった。

ホントは引退試合じゃなくて、「本氣の」福留孝介のプレーを観に行きたかった!涙

そんな悔しい想いをしてきたので、最後だけでもやっぱりその姿が観たい!!

これが、自分の湧き上がってきた素直な感情だった!

 

この1年、何度も死を意識している状態だからこそ、人間いつ死ぬか分からないんだから絶対に後悔する選択はするな!という想いが、逆に後押ししてくれたかもしれない!

 

こうして、特大の挑戦が始まった!!

今の状態でこんな挑戦しようなんて、福留孝介という選手でしかあり得ない!もうこの先、ここまで想い入れのある選手は確実にいません!

これはチャンスなのかもしれない!今の自分の流れを変えるためにくれた、福留からのプレゼントだと思う!

何より、24年間分のありがとうを伝えるために、俺はドームへ行く!!

 

ふう。

普通の病人なら、いや、普通の人間なら、これだけでも長い文章なわけだが、僕の場合はここまでが前置きで、今からが本文に入っていきます!笑

読む方も疲れるでしょうが、今の体調でこれだけ書くのもなかなか大変!なので、この先も是非読み進めて下さいね(笑)

 

前半は、ありがとう福留!引退試合への挑戦について。

後半は、福留孝介との思い出について。

長くなってしまうので、プレーや試合内容について今回は書きません。僕の中の思い出について、写真をたっぷり使って、簡単かつ濃密に振り返っていきたいと思います!

7周年記念の記事でもあるので、僕の学生時代からの写真なども惜しみなく本舗初公開です!って、誰もそんなの望んでいないでしょうから、ただの自己満足です(笑)

 

初のバンテリンドームは福留孝介の引退試合!!

病気が始まった7年前の2015年9月22日。

この日も僕は野球場にいた。横浜スタジアムだったのですが、あまりのきつさに当時としては異例の?途中で球場を後にしました。

詳しくはこちらの記事の通りです。

病気の発症(旅行中)から、救急車で運ばれる前日までの1週間(2015年9月の出来事) こんにちは、ゴローです。 本日の記事では、僕が病気を発症してから、救急車で運ばれる前日までの1週間について書いていこうと思...

 

そして!この日のナイトゲーム以来の!

「2558日ぶりのナイトゲーム」の舞台が、今回の福留引退試合となったわけです!

 

そもそも、まず最初に感謝しなくてはいけないのが、「車いす観戦席」の存在です!

普通の席しかなかったら、最初から挑戦する選択肢すら出てこないわけですから、こういった座席があることに感謝です!

「docomo 5G プライム・ツインB 車椅子席」という座席なのですが、7年前はあったのかな?あれだけナゴヤドームに行っていたのに、全然知らなかったなあ。

4階席かつ、車椅子席は一番後ろにあるので少し遠いけど、球場で空気感を味わえるだけでもありがたいことです。

 

レフト側だったのですが、大島選手を近くで観れることが出来、これはこれで嬉しかった!けど、福留のライトは遠いですね(笑)

そして、皆さんにとっては当たり前の選手かもしれませんが、僕はビシエドを生で初めて観ることが出来ました!感動です。これが7年という年月の流れですね。

 

普通に試合を見続けるのは難しいので、いろいろ工夫しました。

まずは、試合に遅れて行きました。そして、同じ座っているのでも、長時間同じ場所に座っていると失神しそうになってくるので、移動などもしてみました。

福留の引退記念パネルが飾ってあったので、こちらに少しお邪魔しました。この時代の福留がホントに好きでした!一緒に写真撮れて感動です!

 

一番ありがたかったのは、座席の後ろに広いスペースがあったこと。途中で横にならないと無理なのは分かっていたので、人混みじゃない場所で横になれるスペースがあるのはホントに助かりました!

 

そしてついに!この男の登場です!!

遠すぎるぜ!笑

でもいいんです!一目観れただけで。

 

画面越しならば、しっかり背番号も観れました!

 

福留が投げている姿も観れました!

この肩から放たれたボールの行方に、どれだけの投手が救われ、ファンが喜んだか!

 

そして、打席に立つ福留!

福留のスイング、そしてバット投げ!

ドラゴンズ史上、最強の野手だったと思っています!

 

最後は立浪監督から花束。

小学生の頃に立浪に憧れ、高校・プロと追いかけ、最後は福留自身も大好きだったドラゴンズのユニフォームを着て、憧れだった監督の元でプレーしたんですよね!

ドラマすぎる!

最後、ドラゴンズのユニフォームを着て引退するのは、個人的にも嬉しすぎました!

ホントにありがとう福留孝介!!

最後に生で観ることが出来て、幸せでした!!

 

嘘のようなホントの話!福留ユニフォーム伝説!

ここからは、福留との思い出、主に学生時代の話をしていきたいと思いますが、福留を語る上において、絶対に外すことができないのが、「福留ユニフォーム伝説!」です。

このユニフォームには、あまりにもの想い入れがあります!

学生時代からの知り合いには有名な話なのですが、このユニフォームを着て観戦した試合の成績が、30勝1分負けなし!!

ちょっと、怖くないですか!?笑

 

この福留ユニフォームを購入したのが、2005年の最後の試合観戦の時でした。つまり、2006年・2007年シーズンをこの福留ユニフォームと過ごしたわけです。

ドラゴンズが強かった時代とはいえ、この2シーズンを24勝1分で終えるという、これまた嘘のような幸せな2年間だったのです!

 

この時僕は大学生だったので、祝杯の連続でアル中になりかけながらも(笑)、幸せで本当に最高の学生時代をおくることが出来ました!

全ては福留のおかげでした!

 

10年以上、袖を通すことのなかったこのユニフォーム。もう着ることも無いと思っていましたが、福留の最後の勇姿の機会が与えられて幸せでした。

と同時に、元氣だった学生時代の自分を、脳が思い出してくれないかな!?今の僕にとっては、あまりにも大きかったこの勝負をきっかけに!なんとかして下さい!という強い想いも含まれています。

それでは、そんな伝説的な幸せだった時代のお話を、写真が残っているものを中心に進めていきたいと思います。

ちょっと疲れてきたので、簡単に行きます!

 

福留孝介、優勝を決める決勝タイムリー!【2006年10月10日】

福留といったらこのシーンが最も印象的だと思いますが、僕個人的にも、やはり一番の思い出かもしれません。

初めて行った東京ドームで、初めての胴上げシーン!

延長12回までもつれた中、最後の最後に勝ち越しタイムリーを打ってくれた、あの球場内での歓喜の興奮は未だに忘れられません!

当時はまだデジカメを購入していなかったので、携帯(まだ折りたたみの時代ですね笑)で撮ったこの写真しかありませんが。残念ながらユニフォーム写真も無しでした(笑)

 

福留ユニフォームで楽しんだ西武ドーム!

大学時代、学校よりも西武ドームの近くに住んでいました、なぜか(笑)近かったので、西武ドームでバイトもしていたほどです。

そして、福留ユニフォームを着た一番古い写真がこれでした!当時は、野球全盛時代であり、トランプ全盛時代でもありました(笑)

 

デーゲームが終わった後も、西武ドーム付近で祝杯したりトランプしたりで、氣づくといつもナイトゲーム終わりの時間になっていた時代です。

もちろん電車の中はいつも貸し切りということで、福留ユニフォームが西武線に掲げられている光景を観ることさえ出来た良き時代でした!笑

 

幸せの勝ち続けたナゴヤドーム!

大学生の頃、すなわち福留ユニフォームを着ての応援は、東京を中心としたビジターがほとんどでしたが、もちろんナゴヤドームでも勝利しか経験していません!笑

充実した顔してやがるぜ!笑

 

憲伸のユニフォームを着ながら、福留のユニフォームを掲げたことも!

これぞ、最強の組み合わせ!!

 

絶対に負けられない試合!巨人との大天王山!2007年終盤

東京ドームでの福留ユニフォームは特に最強でした!

全試合勝っとるから一緒なんだけど(笑)、やっぱり東京ドームでの試合は負けられない試合ばかりだったので、そのありがたみを特に感じました!

2007年9月末の、巨人との大天王山は、僕の観戦の歴史の中でも、最も疲れた試合の1つでした。

この試合に勝った方が優勝!と言われている試合だったので、大学時代の24連勝の中でも一番嬉しくもあり疲れた試合だったと思います。

まあ、この試合に勝ったのに、結局チームは優勝できなかったんですが(苦笑)

 

サヨナラ福留孝介!福留との確執&福留遍路!

福留大好き!ということだけしかここまで触れていませんが、僕(とその周辺)と福留の間には、一時期大きな確執がありました。

2007年のオフに中日を退団し、翌年からメジャーに行くわけですが、素直に喜んで送り出すことが出来ない感じだったんですよね、あの当時は。

 

巨人に行くような姿勢もあったり、中日とのお金面でのもめごとがあったりと。当時、あるサイトに超長文の福留への想いを記したものがあったのですが、それを15年ぶりに読んで当時の感情が蘇ってきました。

かなり強い口調でしたが、結局は、どんだけこいつ、福留のことが好きなんだよ!って逆に、その愛の大きさを感じずにはいられませんでしたが(笑)

 

まあ、そんなこんなで、2007年のオフ、福留&福留ユニフォームと決別するために、僕たちは四国遍路に行く決断をしたんです!

 

おそらく、史上初の福留遍路!となったのではないでしょうか?笑

確かめるすべがありませんが、もしかしたら未だに、福留ユニフォームを着て四国遍路をした人物は僕だけかもしれません(笑)

ちなみに、1~6番札所だけを歩いて参拝しました。

 

下宿先でも崇め続けた福留ユニフォーム!

30連勝もさせてもらった伝説のユニフォームですので、学生時代に住んでいた部屋の中には、いつも福留ユニフォームが飾ってあり、お参りしていました。

いや、正直あまり覚えてないんですが、こんな写真が出てきたので、おそらくそういうことだったんだと思います!笑

それにしても、なんて汚い部屋なんだ!

僕はけっこう神経質でキレイ好きな方なので、この時の部屋はたまたまだと思います。扇風機とストーブが同時期に部屋にあるのもおかしいな、記憶にないぞ(汗)

こんな部屋でどうやって生活していたのか記憶にありませんが、まあ野球のことしか考えていなかった大学生の部屋なんてこんなもんですよね!笑

 

それでも頼ってしまった福留ユニフォーム!

2007年で福留ユニフォームは封印するつもりでいました。

が、2008年シーズン、苦境にたたされることになった中日ドラゴンズ。

どうしても負けるわけにはいかない試合に関しては、福留ユニフォームを着て観戦に行っていました!

このシーズンは、個人的にも24連勝が終わり、苦労したシーズンだったのですが、福留ユニフォームを着た試合では、不思議と全部勝っちゃうんですよね。

ホント怖いくらいです!笑

 

それにしても、はしゃいでるなあ。

苦労したシーズンだったけど、なんとかクライマックスシリーズ進出だけは手に入れた試合の後だからしょうがないですよね!

というよりは、これらの写真だけのことではないんですが、今回この記事を書くにあたり当時の写真を見ていると、なかなか複雑な氣持ちにもなりました。

あまりにも今の生活と違い過ぎて…。普段はあまり思わないようにはしてるけど、なんでこんなことになっちまったんだよ!って、7年経った今でも思っちゃいますよね…。

あまりにも楽しそうな写真が多すぎる。これが当たり前だと思っていた。今からは想像もできなくなってしまったけれど、これらの写真は確かに自分なんですよね。必ず戻ってみせる!という方に氣持ちをもっていこう!

 

頼らざるをえなかった、2008年東京ドームでのクライマックス初戦!

2008年は3位で終わったドラゴンズ。

個人的にも大学4年生で、東京での生活も最終年。絶対にクライマックスを勝ち抜き、日本シリーズに行きたかった!

相手は西武と決まっていたので、僕にとって大学4年間を過ごした本拠地と言ってもいい場所で、集大成を迎えられる!

そんな流れだった。

だからこそ、福留はいなくとも、封印するつもりだったけれど、この試合だけは絶対に勝たなくてはいけなかった!

福留ユニに頼ってでも!

 

初戦を落としたらかなりやばい!ということで、クライマックス初戦を選びました!

マジで!マジで疲れました!

あそこまで1球1球に集中した試合はないと思います。試合後、夕飯がのどを通らなったほどでした(笑)

そんな試合に勝つことが出来、安堵の表情で撮った「東京ドーム最後」の写真がこちらになります。

最後と表現したのには2つの理由が。

この初戦に全精力を傾けたかった僕は、第5・6戦のチケットを確保し、自分の番が回ってくることを信じていました。

しかしその後、ドラゴンズは3試合連続で勝つことが出来ず、第4戦で終了となってしまった。当時、僕は巨人戦に負けたことが無かったですし、ましてや福留ユニフォームがあったので、絶対的な自信がありました!

でもまあ、これが2008年の現実というか、2~4戦目に東京ドームに行かなかったことは後悔していませんでした。連続で応援できるほど、氣楽な応援はしていなかったので。

西武ドームに行くものと思っていたけど、悔しい東京生活の最終年となりました。

 

そして、よっぽどの試合が生じた場合のみ、社会人になってからも東京ドームに行こうと思っていましたが、そんな試合がやってくることはなく、そのまま長い病気生活に入ってしまったので、この2008年のクライマックスが最後となっています…。

いつか!いつかね!いろんな意味で必ずこの場所には行きたいです!

ホントは…、イチローの引退試合に間違いなく行っていたはずですけどね。さすがに東京まで行くのは、ハードルが高すぎました。

 

2009年WBCに出場した福留孝介!

ちなみに、2009年WBCの壮行試合の観戦では、東京ドームに行っているので、正確にはこれが最後ということにはなっていますが。

この試合では、1年半ぶりに生の福留のプレーが観れる機会でもありました!メジャーリーガーとしての福留を観たのは、これが最初で最後でしたね。

これはこれで、良い思い出です。

 

最後にもう一度だけ!札幌ドームでラスト福留ユニフォーム!2012年

もう二度と福留ユニフォームに頼らないつもりだった僕が、最後にもう一度だけ、どうしても頼ってしまった。

2012年の交流戦で、初めて北海道まで遠征に行きました!2連戦の初戦を引き分けたことにより、北海道まで行って、勝利なしで帰ることは絶対に出来ない!

という想いが芽生えてしまいました。念のために持っていった福留ユニフォームを着ての2戦目。当たり前のように勝利!札幌での勝利は格別でした!

そしてこれが、伝説を作ってくれた福留ユニフォームを、最後に着た試合となりました。

 

もう頼らないと決めていたけれど、着てもいい逃げの理由もありました(笑)

ドラゴンズファンなら、特に僕らの世代にとっては忘れられないシーンがあります!福留といったら札幌ドームですからね!

この球場での初ホームランを放ったのが福留!先頭打者で初球を、確かメイから放ったあの一打の興奮は今でも忘れられません!!

「第1号ホームラン記念」という福留孝介の座席もあるくらいですからね!僕の前で金色に光っている座席がそれです。

 

福留孝介が僕にくれたチャンス!ヒント!

ここまで書いてきたように、福留ユニフォームの伝説を筆頭に、福留との思い出は語りつくせないものがあります。

そんな選手の引退試合、最後の勇姿を観に行くことが出来てホントに良かった。死んでもいい!までは大げさかもしれませんが、何が起きても後悔はしない!という強い氣持ちで球場に行きました。

 

実際、これを書いている10月5日現在、自分の想像以上に体調はヤバイことになっています。でもよく言いますよね、「やらなかった後悔よりやった後悔!」って。

だから全く後悔はないです!むしろ、あの試合に行かずに、2年間福留を観ることなく終わっていたと思うとゾッとします(笑)

最初にも言いましたが、今の自分の体調でドームに向かわせてくれたのは福留です!福留でしかあり得ませんでした!!

ここ1年ちょっとは、体調もギリギリの状態で、もうダメかと思ってしまう時もあります。そんな時に、福留がくれたチャンスだったのかなと思います!

ここまで来てみろ!と。

 

そして不思議なことに、福留が引退発表してからの2週間。

絶対に行ってみせる!!と覚悟を決めてからの僕の体調は、わずかながらも上がっていきました。引退試合の日が、ここ最近では明らかに一番体調が良い日でした。

これを偶然と考えるか、必然と捉えるか。やっぱり人間の心身には、目には見えない説明のつかないパワー・魂みたいなものがあると思います!

試合が終わってからの2週間、疲れもあるでしょうが、再び体調がかなり下がってきているのもまた、偶然ではないのかもしれません。

 

福留がくれたチャンスであり、福留が僕にくれた「ヒント」なのではないかと感じています。このヒントを大きな結果につなげられるように!

再び上昇気流に乗っていけるよう!ちょっとずつでもいいので、1日1日前を向いて頑張っていきたいと思います!

 

必ずいつか!「自分の足で」ナゴヤドームへも行くし!全国各地の球場にも行く!さらには、野球場で試合をプレーできる日を夢見ています!!

死ぬことを意識してしまう日もたくさんあります。でも、そんな恐怖よりも、未来にやってくるはずの楽しい部分の方をイメージして取り組んでいってみせます!!

1年後の、病気発症8周年記念は、どんな日になっているのかな?またその時に、楽しい記事が書けているといいな。

それでは、ホントに長い文章を、読んでいただいた皆さん、ありがとうございました!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。