病気発症からの歩み・復活

病気の発症(旅行中)から、救急車で運ばれる前日までの1週間

 

こんにちは、ゴローです。

本日の記事では、僕が病気を発症してから、救急車で運ばれる前日までの1週間について書いていこうと思います。

症状はかなりきつかったものの、なんとか意地で乗り切っていた1週間でした。

そのうち治る!と100%の自信があった僕が、1%だけ疑うことになったのが、救急車で運ばれて以降なので、節目の大事な1週間といえます。

この1週間の過ごし方に関しても、今振り返れば、

何か打つ手はなかったのか?

おとなしく休養する手もあったのではないか?

と考えてしまいますが、この当時の僕にとっては他の選択肢はなかったので、後悔するといったことも今はないですけどね。

ただ、これから体調を崩す人がいるのであれば、何かしら参考にしていただければと思います。僕の行動は戒めにはちょうどいいかも?苦笑

 

起きたら風邪。病気発症の日【9月22日】

あなたは見逃していない!?自分の体が教えてくれた病気のサイン・前兆 こんにちは、ゴローです。 本日の記事では、僕が病気を発症する直前の話をしようと思います。 僕の病気が始まったのは20...

こちらの記事の続きになります。

4泊5日の千葉・東京旅行の途中でした。その4日目となる朝、目が覚めると風邪をひいていました。

普通の風邪にしては、やけに頭が痛いなあと思いつつ、千葉県銚子の近くから東京都恵比寿へ移動しました。サッポロビールが毎年開催しているイベント「恵比寿麦酒祭り2015」のためです。

このイベントに行くのが、この旅行の最大の目的だったので、予定変更はあり得ません!それに、久々に会う友達に大事な話をする予定もあったので…。まさか、半年後に次会う時に、僕が寝たきりになっているとは、友達も驚いただろうな(笑)

 

友達と美味しすぎるヱビスビールを飲んだ後、次の予定のために横浜に向かいました。

飲んでいる間は大丈夫だったのですが、横浜への移動中めちゃくちゃ体調がきつかったのを覚えています。

とはいえ、横浜スタジアムで野球を観るという予定に、これまた変更はあり得ません!酔っていたわけじゃなかった。座席にたどり着くまでのフラフラ具合はすごかった…。

そして、尋常じゃない頭重感がある中、耐えきれなくなった僕は、球場を後にした。野球観戦を途中で諦めることになったという事実が、状態のきつさを語っていますね。当時の僕を知る人なら分かってくれると思います。

球場を出て、薬局で薬を買ってホテルに向かいました。とはいえ、この時まだ夜8時。せっかく横浜まで来て、その後予定していたラーメン屋と飲み屋を諦められるわけがありません!苦笑

薬を飲んで、少し横になって休んだ後、もちろん横浜の夜にくりだすつもりでした!ん?体が動かない?どれだけ氣合いを入れても、どうしてもホテルを出る決断が出来なかった。

欲は言わない!せめてラーメンだけは!結局、この日の夕飯は、崎陽軒のシューマイを買ってきてもらうことになりました。すまない。

当時の僕が、横浜まで行っておいて、野球もラーメンも諦めるなんて、どれだけきつい状態だったのか、僕の知り合いなら分かってもらえますよね?笑

いずれにせよ、当時の自分にしては、よく無理をしない選択をしたな!ってほめてあげたいところです。

 

意地を見せた翌日!【9月23日】

翌朝目が覚めると、状況は変わっていない。この日から、明日こそは!明日こそは!2年くらいはそんな事を毎日思っていたけれど、この頃はよりリアルに、明日こそは治っているはずだと思っていただろうなあ。

そんなわけで、4泊5日の旅行も、この日が最終日。とんでもない頭重感は前日と変わってはいませんでしたが、僕にも意地がありますからね!

横浜にある「横浜中華そば 維新商店」というラーメン屋さんに行きました。

あんまり覚えていないんだが、食べログのラーメン部門百名店に選ばれている(今調べたら)みたいなので、当時の僕よ!さすがだな(笑)味は全く記憶にありませんが。というよりは、当時もきっと味わう余裕はなかったと思います。

前日飲みに行けなかったリベンジのためには!ラーメンを食べた後、横浜の地ビール屋に行きました。体調は最悪だったので、さすがにビール2杯だけにしました。

こうして、僕の4泊5日の千葉・東京旅行は幕を閉じました。

帰りの新幹線の中やばかったなあ。歩くのがギリギリみたいな状態だったので、なんとか家に着くまでもってくれ!という感じでした。

当時の僕としては、最善の策をとっていただけに、家でしっかり休んで翌日になれば、きっといつも通り!とこの時は思っていました。

 

なんとか出勤、乗り切った2日間【9月24・25日】

翌朝目が覚めると、またまた状況は変わっていない。

頭重感とふらふら具合はすごかったが、会社を休むという選択肢は最初から無い。この後経験していく状態と比較すると、この時の状態はそもそもまだ大丈夫だったんだろうな。まだ普通に歩いていましたしね。

でも、1日がめちゃくちゃ長かったことは覚えています。頭重感はすごかったが、ただの風邪だと思っていたし、そもそも病気だという感覚すらなかった氣がするな。

僕もバカじゃないので、この2日間に入っていた飲み会は、両方とも断りました。旅行中だったから無理したけど、とても飲み会に行ける状態ではなかった。とにかく早く家に帰りたかった!

それに、この2日間さえ乗り切れば、土日の2日間で、確実に治る!と思っていたから…。

 

まさかの休日出勤【9月26・27日】

基本的にはカレンダー通りの部署にいた僕でしたが、神様のいたずらとでも言いましょうか。このタイミングで、会社全体のイベントがあり、まさかの休日出勤!笑

土曜日は普通の休みだったので、風邪をひいてから初の、1日しっかり休めました。翌日の日曜日は出勤。しかもイベントなので、4時間くらい立っていました。あの状態でよく出来たなあって今では思いますが。

結局2日後に限界を迎えることになったのですが、やっぱりこの日のダメージは大きかったかもしれないですね。

ここで問題なのは、変に真面目な部分が出てしまっているということですね。別に絶対僕が出なきゃいけないものでもなかったので、他の人に変わってもらう選択肢もあったはずなんです。もっと言えば、あれだけの状態だったんだから、直前でドタキャンしたって良かったと思うんです最悪。きっと、そういった行動ができる人もいると思うんです。

t.A.T.u.(タトゥー)なんて、生放送のMステすらドタキャンしたんやから、僕にもこれくらいの図太い神経があれば良かったのかもしれない。ちょっと古いかな?笑

 

救急車で運ばれる前日【9月28日】

土日が終わり月曜日に。新しい週がやってくるということで、朝起きたら治っている!と何となく思っていたが、状況は変わらず。

体調は最悪だったが、ちょうど忙しい時期だったので、この日は20時半まで仕事して帰りました。逆に言えば、意地で何とかなっていたんですよね、この時までは。

どうやらこの日が、とどめのパンチをくらった日だったようです…。

 

明日、僕は救急車で運ばれます。

いよいよ、本格的に始まっていくことに・・・

 

次回につづく。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です