パラスポーツ体験・イベント

車椅子でも参加できる「新春ぎふシティマラソン」岐阜メモリアルセンターを走ることができます!

 

こんにちは、ゴローです。

遅ればせながら、2022年あけましておめでとうございます。

2021年7月から、体調がさらに悪化して半年。

昨年後半は正直辛い日々が続きましたが、運が良いことに年が明けました!切り替えるには、これ以上ないチャンスだと思います!

不安定な状態が続いてはいますが、この2022年はとにかく攻めていきたいと思います!攻めることで、まずは半年前の状態にまで体調をもっていきたいと思います。

 

そんな中、第1弾とでも言いましょうか?

1月10日に開催されました、「第70回新春ぎふシティマラソン」に参加してきました!コロナの影響もあったとはいえ、なんと2年2ヶ月ぶりのマラソン大会への参加でした。

車椅子の部は、400mという短い距離でしたので、久々の大会としてはちょうど良い距離感になったかなと思います。

 

新春ぎふシティマラソンとは?

岐阜市・岐阜市スポーツ協会が主催となって、岐阜メモリアルセンター内及び周辺道路をコースとして行わる大会です。

性別・年齢別に6部門あり、スタート時間やゴールの場所(レーン)が分けられています。それとは別に、車椅子の部と親子ジョギングの部が設けられています。

一般の部は、4.8kmと2.6kmの距離があり、競技場周りの道路も走りますが、僕が参加した車椅子の部は、競技場のトラックを1周(400m)するという、分かりやすいコースです。

 

コースの特徴・雰囲気は?実際に走ってみた感想

一般の部は500人以上いたと思いますが、車椅子の部は、なんと参加者4人!笑

これまで参加した大会は障がい者中心だったのですが、今回は健常者の大会に車椅子も参加できる、みたいな大会でしたので、4人は目立ちすぎる。

若い僕には?ちょっと恥ずかしいっす(笑)

写真のような感じでスタートです。

これまで参加してきた大会では、みんなの車いす軽すぎるんじゃないか?(たぶん実際に、僕の車いすは重いかと)というくらい差をつけられてきましたが…

今回の4人は、みなさん普通の車いすでしたし、僕だけ圧倒的に若かったこともあり、まさかの1位を獲らせていただきました!笑

謎にいい写真が残っていました。順位を争うような大会ではありませんが、1番最初にゴールテープを切れたのは、なんとなく氣分が良かったです(笑)

 

久々の大会だったということで、400mという距離でも後半は少しきつかったです。今こうして文章を書いている両手親指や肩にも、痛みやハリがあるというのは、なんだか嬉しいですね!

この1年、ほとんど自分で車いすを押すこともなかったので、何かを達成した感覚を得られることは嬉しいですし、こうゆう機会も増やしていきたい!と改めて思いました。

 

僕が参加した車いすマラソンとしては、今回の大会で4回目になるのですが、過去3大会中2回は、試合後に倒れてしまって救護室行きでしたが(苦笑)、今回のコースは競技場ということで、基本は平坦なコースで距離も短かったので大丈夫でした(ホッ)。

もっと長い距離をまた走れるように、今年はまた頑張っていきたいと思います!

 

柴橋正直岐阜市長&表彰式

コロナ渦ということで閉会式は無かったのですが、各部門の3位までの方の表彰式がありました。車椅子の部は4人だけということで、全員が敢闘賞をいただきました。

なんだか申し訳ないような(笑)

そしてなんと!

プレゼンターは岐阜市長の柴橋さんです。第70回という歴史ある大会ということで、市長も参加されるなんてすごい大会ですよね。

さらになんと!

表彰式が終わってから、柴橋市長と写真を撮ってもらいました。氣さくな感じの方で、元岐阜市民の僕としては応援していきたいと思いました。

若い方ですし、これからの岐阜市を盛り上げていって欲しいですね!

 

高橋尚子マラソンへの想い&友人と再会!

70回も開催されているこの大会。元氣な時から全く存在を知らずに、参加したのは今回が初めてでした。

岐阜に住むマラソン仲間の友人が教えてくれました。そして、会場のすぐ近くにばあちゃん家があるということで、前日から岐阜にのりこむことが出来、今の僕でも参加できました。いろいろなことに感謝ですね。

病気してからは、マラソン大会会場で友達に会うのは初めてのことだったので、なんだか嬉しかったですね。実は友達に会うこと自体が8ヶ月ぶりでもありましたが(苦笑)

そして、もう1つ大きな想いが!

僕がもともと一番大事にしていたマラソン大会が「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」

2011年から始まったこの大会。初回から参加して、この大会だけは一生出続ける!と宣言してきましたが、まさかの病気発症で2016年以降は参加できていない悲しさがあった。

そんな大会と同じ場所で行われる、この大会に参加できたことは、嬉しさもあり第1歩でもあると感じています。

と同時に、必ずこの会場に!高橋尚子マラソン大会に戻ってくる!という想いを込めて、当時ハーフマラソンを走った時にもらった黄色のTシャツを掲げさせていただきました!

 

友達が何氣なく発した言葉だったと思う。

「こんなとこで、車椅子で走っていていい人じゃないからな」という言葉。

なんだか胸にささりましたね。現時点では、車椅子でもマラソン大会に参加できるなんて、ホントに幸せなことだと心から思っていますが、やっぱりこういった大会に参加するたびに、昔みたいに普通に走って参加したい!という思いは出てきます。

 

とはいえ、自分の今できる形で、楽しみながら頑張っていきたいと思っています!

来年以降も、どういった形になるかは分かりませんが、この新春ぎふシティマラソンに参加していきたいと思います!

岐阜が好きです!

マラソンが好きです!

一番大好きなのは野球とソフトです!

 

変な終わり方(笑)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。