ドラマ映画の名言・名シーン

【吉沢亮主演・安田顕】月9ドラマ「PICU 小児集中治療室」の名言・名シーンに学ぶ医療・医師の在り方

こんにちは、ゴローです。

本日の記事では、現在放送中のドラマ「PICU 小児集中治療室」の名言・名シーンについて書いていきます。

 

吉沢亮(志子田武四郎)→安田顕(植野元)への言葉(1話)

その日初めて、本気で医者になりたいって思ったんです。

小さな女の子(子役の子)が亡くなった現場の近くにいた志子田。その日、何もしてあげることが出来なかった自分に対して、怒りやもどかしさを感じた志子田。

その時、心から湧き出てきた感情がこれである。「本気で」医者になりたい!それは、目の前にいる人を助けたいという純粋な気持ちからだったと思います。

「本当の意味で」医者になりたい!っていう氣持ちは大事にしてほしいですよね。現実世界でも、こういった医師が少しでも多くいたら嬉しいですね。

 

安田顕(植野元)→吉沢亮(志子田武四郎) への言葉(2話)

僕はね、すぐコロコロ意見変えちゃうんだ。

治療方針に強い信念持つのは、大事なことだと思う。でもね、そういう意地を張りすぎて、患者さんの治療の邪魔になるのは、違うと思う。

患者さんが少しでも良くなるためなら、昨日は右って言ってても、今日は左って恥ずかしげもなく言います。

植野先生は、いつだって患者ファーストで、常に優しさがあふれています。

一見、意見をコロコロ変えるのは良くないように感じるかもしれません。でも、最初に思った治療方針が変わるなんてことは、普通にあると思うんですよね。

状況が変わっていく中で、固定観念や自分の信念のせいで治療を妨げてはいけない。自分のプライドなんかよりも、何より患者のことを考えているという想いが、この言葉から感じとれます。今回のコロナ対策に関連する様々なことも、「最初に言ったことを曲げられない」ことによって、不都合な結果を招いていることが多いような氣がします。

今こそ、簡単なようで難しい、この植野先生の考え方を大事にしてほしいと思いますね。

 

木村文乃(綿貫りさ)の言葉(4話)

事実とは異なるとおっしゃるなら、あなた方が見た真実を教えて下さい。

どの状態まで娘は生きていて、死ぬ時に、誰がいたのか。一人ではなかったか。

死ぬ前に、一度でも外の空気を吸ったのか。私は知りたいんです。

あなた方は、すぐに示談の話でけむにまいて、何一つ、私の欲しい情報を与えてくれなかった!

綿貫の子どもは、すぐに帝王切開されていれば、生存できたかもしれなかった。でも、病院側の判断ミスで死なせることになってしまった。

何より問題なのは、病院側はその時何が起こったかの真実をごまかすだけでなく、医師でもある綿貫に、裁判なんてするな!とプレッシャーを与える始末。

医療ミスや面子の話の前に、「患者側」に寄り添った情報を!寄り添った対応を!まずはそんな、人間的な部分が必要なのではないかと思わされた場面だったと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。