名古屋21大師霊場

第12番札所「宝生山 辯天寺」参拝へ。港区のおしゃれカフェ「ラパン・アジル」も紹介

 

こんにちは、ゴローです。

車椅子でのお遍路12日目(実施日:2019年11月)の記事です。

本日の記事では、十二番札所までの、遍路道中の紹介及び立ち寄りカフェを紹介していきます。

そして、港区にある第十二番札所の「宝生山 辯天寺」で参拝を行っていきます。

前回の11番札所を参拝してから、4ヶ月も間が空いてしまいました。よっぽど暑さにびびってしまったようです(笑)

気持ち新たに、スタートです!

 

第十二番札所までの遍路道中

前回の終了地点から、ひたすら南へ向かっていきます。

11番と12番の札所間は、5.3kmもあるので、前回できるだけ頑張ったのですが、それでも、本日の道のりは3kmあります。

500m程、このような住宅街を南下していきます。車通りは少ないので、比較的走りやすかったのでありがたいです。

 

その後、愛知県道107号(中川中村線)を1.5km程さらに南下していきます。

写真の通り、歩道も含めてかなり大きな通りなので、歩き遍路の方も含めて進みやすい道になっているかと思います。

 

オススメの立ち寄りカフェが、良い位置に出てきてくれないので、バランスが悪いのですが、全行程3kmのうちの2.3km進んだ場所が、本日の立ち寄りカフェになります(笑)

前回の2.5kmというのが、僕の遍路の最高距離だったことを考えると、僕にとっては立ち寄りカフェではなく、「倒れる寸前駆け込みカフェ笑」とでも命名しておきます。

 

 

港区のオシャレ人気カフェ「ラパン・アジル」

ずっと南下してきた愛知県道107号から、少し西へ進んだところに、本日の立ち寄りカフェ「ラパン・アジル」があります。

レンガを基調とした、洋館を思わせる外観は、もはやオシャレという言葉では済まされないカフェである。いや、カフェにも見えないレベルである(笑)

 

店内に入ると、そのオシャレ度合いにさらに磨きがかかります。

渋いお寺を巡る休憩に、こんなおしゃれなカフェに寄るというのも、なかなか粋ではないですか?むしろ、巡礼していなかったら、知ることのなかったカフェなのでラッキーです。巡礼される皆さんにも、是非オススメしたい!

 

僕はいつもの通り、アイスカフェラテを注文。半年も前なので、正直味を忘れてしまったなあ…。むしろ、オシャレな空間に圧倒されて記憶が無いのかもしれない(笑)

ここのカフェは、ランチやサンドイッチ・パフェなどのイートインももちろん人気なのですが、一番の人気はケーキということで、テイクアウトでも是非楽しんでみて下さい!

 

【店舗情報】

○住  所:愛知県名古屋市港区西川町4-10-3

○電  話:052-382-2378

○定休日 :水曜日

〇お店HP:https://lapinagile1976.wixsite.com/nagoya

 

 

第十二番札所「宝生山 辯天寺」とは?

カフェを後にし、辯天寺へと向かいます。途中、南陽大橋という橋の下を通過していきます。いつも橋に苦労させられていたので、アンダーで助かりました(笑)

 

カフェから南へ700m程進んだところで、第十二番札所「宝生山 辯天寺」の登場です。

どうでもいいのですが、僕の腕こんなに細くなってしまったのか!

1925年(大正14年)に、滋賀県の琵琶湖に浮かぶ、竹生島辯才天の名古屋別院として建立されたのが、こちらのお寺になります。

上空から眺めると、琵琶湖を思わせる池のようになっていて、池の中に浮かぶお寺のように見えます。また、「なごや七福神」の1つとしても信仰を集めています。

 

本堂は境内の一番奥にあります。本尊の辯才天は、彦根藩主で後に徳川幕府の大老になる井伊直弼が、天守閣に安置して信仰していたものになります。

 

納経所は、本堂のすぐ近く(左側)にあります。

なんだか渋い納経所ですね。けっこう好きです(笑)

 

いただいた御朱印がこちらです。

 

境内はかなり狭いのですが、それでも修行大師はいらっしゃいます。いつでも修行している大師は、やっぱりすごいなと感心させられますね!

 

「宝生山 辯天寺」駐車場の情報など

 

〇住  所:愛知県名古屋市港区多加良浦4-278-1

〇電  話:052-381-2306

〇アクセス:市バス「弁天裏」下車、徒歩約5分

〇駐車場 :無料駐車場あり(10台)

 

 

 

 

【車いす遍路12日目】の行程

 

A、本日の出発地点

B、ラパン・アジル

C、宝生山 辯天寺(第十二番札所)

A→B 2300m・約40分

B→C   700m・約15分

 

本日で、自宅から一番遠い札所を参拝することが出来ました!

エリア的には一区切りついたので、12番~13番札所間をとばして、次回の遍路は13番札所の参拝から始めていきますので、またよろしくお願いします。

それでは、本日もありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です